カイチョーはトロコン狙いたい

PSNのトロコン狙って頑張ってます。ゲーム、PCの周辺機器のレビューも書いちゃったり。

ナコン レボリューションプロコントローラー2 レビュー

ナコンレボリューションコントローラー2を購入しました。

ゲオで11,000円くらいでした。

 Nacon Revolution Pro Controller2

「esports仕様の機能と操作性を備えたプレイステーション4用オフィシャルライセンスコントローラー」とのお墨付きで、公式サイトもしっかり。

 

  

公式サイトはこちら↓

www.jp.playstation.com

 

半年利用した感想の記事も書きました。
お時間あれば是非↓

kc-bibo-roku.hateblo.jp

 

 

 

いざ開封の儀!

ドン!

ドドンっ・・・と。

内容物は、

・コントローラー本体

・メッシュケーブル(USB type-C)

・ウェイト3種×2個ずつ

・ウェイト交換用工具

・クロス

・収納ポーチ

・シール

 

純正コントローラーとの違い、特徴など

○ボタンなどは大きめになっており、押しやすいです。

またスティックの位置が左側が純正コントローラーと逆になっています。(Xboxのコントローラーと配置が一緒ですね。全体的な形や、トリガーの感触も似てる気も・・・)

 

スティックはやや高めで、支柱は金属製になっております。

十字キーが特殊な形をしておりなんだかここだけ安っぽく感じます。

(押すとパカパカします。押しやすいんですけどね)

 

トリガーはR1L1はクリック感が気持ちよく、押しやすいです。

R2L2に関しては若干硬めな感じがします。すぐ慣れましたが。

 

 

大きな特徴の1つとして、背面ボタンが4つあります。

こちらはPCにて好きなボタンを割り当てることができます。

MODE1の状態でプロファイルボタン長押し(3秒ほど)で割り当てる機能がありました。スティックの細かな感度調節等はPCが無いと無理ですが、背面ボタンはPCが無くても設定可能です。

 

また付属のウェイトで重さを調節できるので、持ったときの「しっくり感」を調節できるのも良いですね。

 

そして忘れちゃいけないのが、PCにて細かなカスタマイズができることです。

先ほどの背面ボタンや、スティックのデッドゾーン、レスポンスカーブ(加速度)

トリガーの遊びも調節できます。

 

上記の設定を4つまでプロファイル保存できるので、ゲームによっていちいちPCつないで設定しなくても切り替えられます。

 

PCの設定について

専用のソフトが必要なのですが、Nacon公式サイトにて登録が必要です。

PS4公認コントローラー - REVOLUTION PRO CONTROLLER 2 - NACON Gaming

 

登録後、ソフトウェアをダウンロードします。

 

ソフトを開くとPCかPS4か選ぶ画面なので自分の目的の機器を選択。

f:id:s2y5o-copen:20181217211404p:plain

最初から4つのプロファイルが入ってます。

 

プロファイルをカスタマイズを押すと・・・

f:id:s2y5o-copen:20181217211757p:plain

↑色々といじれる画面に。

 

f:id:s2y5o-copen:20181217211855p:plain

↑ボタンの割り当てや・・・

 

f:id:s2y5o-copen:20181217212011p:plain

トリガーデットゾーンまで。

 

デットゾーンって言葉が何回もでてますが、いわば”遊び”ですね。

低くすればちょっと倒しただけでも反応するようになりますし、

高くすればある程度倒してから反応するようになります。

 

レスポンスカーブってのが僕もあまり理解していませんが

おそらく倒し具合での感度・・・ってことで良いと思うんです。

ちょっと倒しただけでめちゃくちゃ振り向きたいときは”低”をあげれば良いと思います(試しましたが、振り向きめっちゃ早くなるけど細かな操作ができませんでしたw)

 

割り当てに関しては背面ボタンのほかに、元々あるボタンの割り当ても変えられるのは良いですね。

 

またプロファイルはアップロード&ダウンロードが可能です。

もし自分で自信がなければ公式サイトにアップロードされているプロファイルを試してみるのも良いかもしれません。

 

あっ、プロファイル設定後はコントローラー裏の”MODE”を””に切り替えないと使用できないのでご注意を。

 

しばらく使ってみて・・・

上記の設定でレインボーシックスシージ、モンスターハンターワールド、ホライゾン、クルー2をプレイしてみました。

背面ボタンには○×□△を割り当てています。

 

シージ(FPS)については、エイムがしやすくなった気がします。

背面ボタンのおかげでドローン操作も便利になりました。

(スティックから指を離さなくていいので、カメラ操作しながらスキャンやジャンプできるのはいい感じです)

 

ホライゾン、モンハン(アクション)でも、やっぱりカメラ操作しながら背面ボタンでジャンプや回避できるのが便利に感じます。

 

クルー2(レース)についてはあまりこのコントローラーの恩恵を受けれていない気がします。背面ボタンも使うことないですし、トリガーが固いが故、アクセル・ブレーキの微調整がしづらいです。

  

あと意外と軽いので、僕は付属のウェイトを入れています。無い状態だとフワフワしてしっくりこなかったので。

いい感じです。

 

不満点をあげるとすると、

無線での利用ができない

PS4電源を付けれない 

 無線に関しては、今まで64やゲームキューブ、PS2などで遊んできた自分にとっては苦じゃないんですけど、電源が入れられないのがちょっと不便です。

 

結局、純正コントローラーで電源付けてから、ナコンでPSボタン押してってやっているのでわずらわしいです。

無線が苦じゃないなら、最初っから電源ボタン押せよって話なんですけどw

 

また、すべてのゲームで感じたのですが、右スティックのナナメの感度が凄い高い気がします。

上下左右は慣れてきたのですが、ナナメがどうしても行きすぎちゃいます。ゲーム内で調節しても中々ちょうどいいのが見つかりません。

僕だけでしょうか・・・?w

 

背面ボタンも慣れるまでは押しづらいです。

中指でコントローラーのボタンを押すわけなんですが、今までにない感覚なのでとっさに押せないことが多いです。

 

総評

とても人を選ぶ商品だと思います。

操作感こそ向上したと思いますが、無線ができないなど不便だなともう所も少々。

スティック感度についてはもう少し研究が必要ですね。

 

決してコントローラーとして安いものでもないので、購入を検討されている方はよくリサーチをすることをおすすめします。僕の記事が参考になればいいですが・・・

 

僕は純正コントローラーの、トリガーが壊れた次の日に勢いで買いました。

 今月、新色もでるみたいなので興味ある方は”よく調べてから”買ってみてくださいw

 

以上、ナコン レボリューションプロコントローラー2 レビューでした。