カイチョーはトロコン狙いたい

PSNのトロコン狙って頑張ってます。ゲーム、PCの周辺機器のレビューも書いちゃったり。

PS4をproにしました。Slimとの違い、その他感想。

PS4をスリムタイプからプロへ買い換えました。

スリムとの違いや、所感などを書ければと思います。

 発売からもう時期も経っているので、違いなどは他のブログでもいくつもあると思いますがご参考になればと思い、書かせていただきます。

f:id:s2y5o-copen:20190716220848p:plain

 

PROの特色

4K出力に対応

これは言わずもがな。テレビが4Kに対応していれば、メチャクチャ綺麗に映るそうです。僕も店頭でしか見たことありませんがとても綺麗でした。いつか50インチの大画面で遊んでみたい・・・見づらいだろうけど。

じゃあ4K持ってない人は意味ないの?ってわけではなく後述する「スーパーサンプリングモード」という機能で4K未満のテレビでもある程度綺麗に映すことが可能です。

 

ブーストモード

”PS4Proに正式対応していないタイトルのパフォーマンスを上げるモード”とのことです。フレームレートの向上や安定。ロード時間の短縮などの効果があります。

↑設定手順↑

体感的にはロード時間は早くなった気がします。フレームレートについても向上はあまり感じませんが、画面の処理が重そうな場合(爆発などのエフェクトが多いなど)でも安定している感じはします。

ネットで調べても人やゲームそれぞれみたいですね。三國無双とか結構体感できるみたいです。

 

スーパーサンプリングモード

HDTV(1080p 以下の解像度)のテレビ、もしくはモニターを接続している際に設定可能です。「PS4 Pro ENHANCED」に対応しているゲームソフトにて解像度の向上が期待できるそうです。

↑モンハンワールドのパッケージ裏、PS4 Pro ENHANCEDの表記↑

↑設定手順↑

 

スクショを撮ってみました。

上がOFF、下がON。

パット見じゃ良くわかりませんね。よぉーく見るとなんか違う気がします。まぁ機能で綺麗になるとのことなんで良しとしましょう。

 

その他細かな違い

 SATA3に対応

HDDなどのストレージの規格ですね。SLIMはSATA2ですがPS4Proは読み込み速度が向上されているSATA3となっています。SSDを換装すればものすごく速くなるとは思いますが、以前も記事に書いた通り内部ストレージはシステム部分に100GB前後とられたりするなどちょっともったいない気も。

外付けSSDについては過去記事も見ていただければと思います。 

kc-bibo-roku.hateblo.jp

 

CPU、GPUの強化

内蔵されているCPUおよびGPUの性能も強化されているようです。公式HPからはその差を書いてある旨を見つけられませんでしたが、Slimと比較すると強化されているそうです。

 

しばらく使ってみて

一番すごいなあと思ったのはフレームレートの部分です。Slimではモンスターハンターワールドのマルチプレイ時にエフェクトが重なりカクつくことがたまにありましたが、Proではよほどの事ではカクつきません。ゲーム内でフレームレート優先にするとさらに安定します。

また個人的にはUSBポートが3つに増えたこと、光端子ケーブルが差し込めるようになったのが大きいです。USBはASTROアンプ、ナコンコントローラー、外付けSSDで使用しています。(こう見ると大分贅沢仕様のような・・・w)

 

 

↑我が家の雑冷却PS4

とくにデメリットは感じていませんが、若干サイズが大きくなったのと消費電力が多いのが気になる所でしょうか。それ故か熱も持つ気がします。設置場所や冷却対策は可能ならしたほうがいいかもしれません。

あとは価格面でしょうか。おおよそ1万の差があるのでその差をどう見るかですね。人によるかとは思いますが個人としては1万の価値はあると思います。画質や性能にこだわりがある方は是非Proを購入しましょう。

 

こんなもんでしょうか。

自分はいろいろと向上し大変満足しています。これから購入される方や買い替えを考えている方、ご自身の環境や要望にあわせて最適なモデルを選べればいいなと思います。では、PS4Pro買い替え報告と感想でした。